南十字駅前

idol mandolonceller ♩

今までにない想いの解放を要求

英会話の契約を途中解約しました…

 

なんやかんやと理由をつけて全然行っていなかったのでもうお金がもったいないなと、、断腸の思いで。

土日休みのため、私用は土日に集中してしまうのでだいたい行くとしたら仕事終わりとかになるんですが、ようやく仕事が終わった!とさっさと撤収したい気持ちでなかなか足が向かないんですね。この時点でさほど行きたいと思ってないことに気づけというお話…

英会話も行ったら行ったで、要は人とコミュニケーションを取ることなので楽しいには楽しい。

ただ、どう考えても避けられない不愉快さみたいなものを感じてはいました。

それは今日あったことや最近のオフで行った場所、休日の予定、趣味を聞かれること!

…いやそれ聞かれたくないとかどこの陰キャだよとか思われそう(?)

 

そういうプライベートを聞かれること自体が苦痛なわけではないんです。

まあたしかにどちらかと言えばそっとしておいてほしいほうではあるんですけどww

私の中で英会話を習う目的としては、「英語を使うこと」「時間をかけて読む・書く、何度も繰り返し聞くではなく、自然なやりとりの短さで伝わる英語を話す・わかるようになること」というところで、それにはあまり深く考え込まない話題での、日本語でもするような、「これを言ったら相手の反応はたぶん●通りくらいでこの人はたぶんこういう反応をするはず」という予測も交えたやりとりを重ねたいわけなのです。

その中に、「当り障りのない(どういう反応を返されても戸惑わないような)話題の選択」とか「わかりやすいエピソード」のアイディアをひねり出すこと、自分のパーソナルな部分に踏み込んでこられるケースなどに気を遣うのがちょっと苦痛に感じてしまっていたような、そんな感じでしょうか。。。

そういう気遣いは実践の場だけでいい………というのは甘えなんだろうか、、

そうだったらどうしよう…w(◞‸◟;)

勉強は勉強なので、中途半端に趣味の話などせずにレッスンをしたいわけなんですね。

でも英会話というものの性質上それも難しいのでしょう、、、

 

…吹き替え映画でも見て頑張ることにします!(たぶん)