旬を逃した感はある

こんばんは🛌🏼

目にしたときから「ブログに書きたいな~~」と思いながら後回しにし続けてきた話題…

 

腐女子カーストってありましたよね~(本当に今更)

今年の1月くらいの出来事でした。

 

腐女子でも化粧してオシャレして普通の女に擬態しろよォ!

みたいな話を、「まあアタシはこれでもけっこーレベル高いから~??一緒にはしないでねっ!(笑)」みたいな小馬鹿にした筆致でつづるというまあイラッとする…

まず違和感として、腐女子=ブサイク、オシャレに興味ない、容姿が悪い という謎の公式があること…

百歩譲ってオシャレに興味がない率は高いかもしれない、なぜなら興味関心がオタクごと(ここではあえて漫画、アニメという二次元に限ることにする)に全振りで、他の事に割かれるリソースが少ないから。。似合う服選びに行くとか、化粧に興味を持つとか、髪型を工夫するとか、オタクごとに時間さいてない人たちよりもできない事情はある…

でも!!

ブサイク・容姿が悪い とは限らないのでは!?

だってその辺の事情って生まれたときに決まるやつじゃないですか。目が大きいとか鼻が高いとか顔が小さいとか足が長いとか……

腐女子は後天的なもの。

↑素養とか才能とか環境とか、本人の努力ではどうしようもない部分もあるかもしれませんが

でも一般的に可愛くないとされる見た目に生まれたことが直接的な原因でオタクや腐女子になるわけではないはず。

逆もしかりで、一般的に可愛いとされる見た目に生まれたからといってオタクや腐女子にならないと約束されるわけではないはず。

 

うーーん。。

 

まあ、まあたしかに、、オタク女子はたしかに、そうでない女子より「イケてない」感強め女子が多い気がするのも事実で…それは単純に、ある程度の土台があればこのご時世、可愛いは作れるので、可愛いを作ってるか作ってないかでかなり差が出てしまうというのが実情なんだろうな、というところです。

あとは、美醜の感性が「周りからどう見られるか」より「自分がどう思うか」に設定されている割合が高いことも理由な気がします。オタクとはつまり自分の世界を持つことともいえるはずなので…

ただ、社会人になるという段階を踏むと、大抵の人は「びっくりするような身だしなみ」ではなくなるので、問題にするほど差はでなくなってくる……と、思います…たぶん…そこからは元々のつくりとか、好みの問題なんだろうな…。

 

そして腐女子カーストで語られているもう一つ印象的なお話は「同居人くん」のくだり。

これはもう……なんだろう、笑うしか……

 

で、ここまで単なる所感を述べてきたわけなんですが、これの炎上ポイントは、

 

この話題を取り扱うのに腐女子という要素を使う必要がなかった。

 

という部分に尽きるのではないかと…

 

かわいくないよりかわいいほうがいい

彼氏いないよりいるほうがいい(同居人アピールにキーッ!となっているようなので)

 

そんなのは腐女子じゃなくたってそうですし、腐女子じゃなくても俗にいう主語ナシツイート(「今日はありがとう♡」「褒められた!」「買ってもらった♩」とかいうアレです)とか男の存在匂わせツイート(料理二人分、男の腕がちょっと写りこむなど)とかはウザい。

そして極めつけは「作者は腐女子カースト(底辺)では上位層です!安全圏です!」アピールがものすごく、かつ上から目線なこと…

 

むしろこれのどのへんが炎上しないと思った…?

こういうのはね、身内だけの鍵アカウントで深夜につぶやいてくださいというやつです。それでも友達に「うわ、そういう人なんだ。性格悪いな」と思われることは覚悟のうえで…

 

ここまで言ったところで、私が言いたいのはこういうことじゃないんです(マジか)

 

腐女子全体の問題として、別に見た目とか恋人の有無でそこまで熾烈な戦いはしてないと思われます。個人的に気にしてる人とか、「あんたみたいな見た目に無頓着な腐女子のせいで、腐女子みんなブスで服がダサいと思われんの!!」ってイライラしてしまう人はいるのでしょう。

そんなことよりもね!

私が今回の騒動でHPガッツリ削られたのはこのあたりの反応です。

togetter.com

(Togetterです)

腐女子としての文章力、画力、、ネタの精度……

サークルとしての売り上げ…

🔪🔪🔪

も、もうやめt・・・

 

商業などで活動されているケースを除き、二次創作BLだとか腐女子だとかそのへんのことって「趣味」「娯楽」と私はとらえているのですが、そこに所謂「実力」でレベル差があるんですよー!なんでも上手な人、評価されてる人は偉い、そういうものがない人は民草として立場をわきまえましょうね、という…

売り上げなんて、気にするのは、仕事のときだけにさせてください(切実)

 

見た目や彼氏の有無なんてわかりやすいし、ある程度のところからは努力ではどうにもならないことで批判されるのなんて仕方ないと割り切れる。

けど!

趣味でやってる創作活動ってやつに上手い、下手、で批判されてしまったらたぶんもう立ち上がれない…なんてこともあるんじゃないだろーか。。

 

と、なんかこう、「腐女子カーストってこっちじゃねー??」のお話のほうがグサッときてしまった次第でありました。

 

腐女子なんてのは、ROM専ならそれこそ周りに迷惑なんてかけない範囲でできるはずのことだし、書き手・描き手に回っても自己満足の世界なので、楽しみ方やら何やらをいちいち口出しするのは無粋…

オタクはオタクらしく、自分の世界をよりよくしましょう!

そして必要とされる社会性も忘れずに…極力人に迷惑をかけずに…

という心構えでいきたい、いこうよ、と思わずにはいられない騒動だったのでした(二か月前)

 

 

優しい世界!

「教室で盛大にゲロ吐いた」を読みました

読み応えのあるまとめ欲があり…

 

こんばんは☁

 

2007年くらいに書き込まれていたものみたいなんですが、最近ようやく読みました。

 

これ…創作なんですかね(?)

戸籍が消されるとか拳がこれからつくという謎の稼業とか現実味がないんですけど、ああいう陰キャで終わる可能性もあったところをリア充な高校生活ができたのは夢のある話だなと思うので、ぜひ本当のできごとであってほしいところ。。

拳のスペックがチートすぎるせいでゲロ君に彼女ができる展開はなかったけど、ああいう誰が好きだとかお泊りだとかお祭りだとかいうことをあれこれするのがリア充だと思うので、もうそれでよかったんだと思う!(??)

 

ここからはただ自分がそう考えて面白かったというだけの話なんですが

話読んで脳内再生時、こんなキャスティングだったよという

ちなみに女子だけです。

 

S藤

f:id:geflugeltepferd:20190311001243j:plain

Rりぽん…

可愛いってところとか、人たらしっぽいところとか←

聡明そうなところがこんな感じかなと…

 

U本

f:id:geflugeltepferd:20190311001534j:plain

Tかみな!!

気が強いところとかゲロ君に積極的に話しかけるところとか!

 

T畑

f:id:geflugeltepferd:20190311001627j:plain

美人ときたらこの子が出てくる…

あんまり計算がない(ように見える)ところとか、

モテまくって断りまくって結局誰にもツバつけられてない器用な感じが…←ほめ言葉

 

 

みたいな感じでした。

 

私だけが楽しい…(笑)

 

アットウィキにある続編?みたいなのは読んでいないんですが、あれはどうなんだろう…

ではまた。

ライフハックとは

こんばんは🌛

 

ブログの書き出しに決まった一言があるといいな~と思いました。

 

最近はっとした満腹感の話なんですけど。

まあ、これが初めての機会だったわけでもなく…

 

よく、すぐに「お腹すいた~」って言ってる人いるじゃないですか、あれなんだろうと思っていて、学校とかで同じタイミングで同じ昼食食べたはずなのに、個人差があるとはいえすぐにお腹すきすぎだなあと…

「お腹空いた」と言う基準が違うらしいんです。

私はどちらかというとあんまり空腹を訴えないタイプなんですが、私個人の感覚としては、10が完全なる満腹で、これ以上は水も飲めませんというレベル感だとして、私がお腹空いたーと言い出すのは少なくともパラメーター2くらいになってから。

その部分について、よくお腹空いたと言う人というのは、6とか7のタイミングでもお腹空いたと発言するよということらしいんですね。

なるほど!

そういうことなら私もたしかに、同じくらいのタイミングで食べたものがだんだん消化(?)されてきて6とか7くらいに減ってはいると思います。

少し切り口は変わりますが、食事をとるときも、「満腹(10)になるまで食べないといけない」か、「7ぐらいでいい」か、という差があるんだなあと…

他には、時間帯で習慣として、そこまで空腹感なくても食事をとるというケースもあるみたいですね。現代社会においては正しそう。

 

どうしても食べ過ぎてる気がする…とか、事情があってちょっと痩せないといけないというときには、「お腹減った=完全なる空腹(0)とする」「完全なる満腹(10)まで食べなくてもいい」と意識づけるなんていうのも有効かもしれないですね~

 

とはいえ、生きているうちにできる食事の回数というのも無限ではないと思いますので、食べられるとき・食べたいときに好きなだけ…あんまり神経質にならずにおいしく頂きたいですね。(綺麗なまとめ)

これから俺は…

日記なりブログなりちゃんと記録を!今度こそつけようと思います。。

 

手段にはあんまりこだわってないんですが、人に見られる可能性が多少なりともあったほうが続けられるかなあと…

 

で、2018年あったことも少しずつ書いていきたいので、ベタに見た映画でも軽く…?

そんなに見てないですけどね。

 

ヘレディタリー/継承

これはめちゃめちゃ怖かった。最近面白いホラーないな~と思ってるホラー好きにおすすめできそう。最後は若干カオスですがタイトルを回収したな~という感じで。ちょっとグロいので、ホラーはいいけどグロいのはな…という人は注意。洋画ホラーあるあるの悪魔にとりつかれるシーンはちょっとアクロバティックすぎて笑えますが気味が悪くてちゃんと怖い。

 

「来る」

ホラー映画だろうと期待すると微妙かもしれないです。個人的に、新婚さんの胸糞感からの「心霊現象とか言ってるけどお前のせいじゃん」的な部分はリアリティあってよかったです。胸糞だけど。でも結局別にそういう話ではないので、としか言いようが…一個人の見解として、ホラー映画を求めていてかつダウナー系でしょ!という方は、悪いことはいわないのでヘレディタリーにしといたほうがニーズを満たす気がしました。

 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

三部作の真ん中。ハリポタ読者的にはニュート・スキャマンダーは教科書の著者なので、それがこんなにイケメンだなんて最高という感じのエンターテイメント。ぐう聖だと思っていたダンブルドアが実はそうでもない(むしろ逆?)とかグリンデルバルドとかクリーデンスあたりは下手なホラーよりほの暗くぞっとする、「昔の時代のよくわからない感じ」で引き込まれます。最後が「次回に続く!!!」感満載で終わったのでもうこれは待っているしかない。しかしみんな若い頃イケメンだったんですねえ。クイニーに魔法かけられてるジェイコブはとても面白い(魔法が解けても面白い)

 

教誨師

死刑囚と教誨師が話をしていくシーンを死刑囚ごとに見ていく感じ。面白いなあと思ったのは、ヤクザが未解決事件への関与をほのめかして、それを教誨師が警察の方に調べたほうがいいんじゃ、と報告するけど「死刑執行を先延ばしにしたいだけ」「もう捜査はとっくに終わってる」というあたりで、主観と客観?というか、当事者たちの認識と、周りからの見え方ってこういう場面でも違いが出てくるんだなと。たしかに冷静に考えて、新しい証言が出次第展開が変わるかもしれない捜査中の事件にかかわってる人が、死刑囚として独房で執行を待っているはずがない…。中二病的な青年が、死刑執行されるとなって取り乱したのは複雑な気分になった人も多いんじゃないかなあ。「ざまあみろ」なのか「まだ若いのに気の毒」なのかは人それぞれでしょうけど… 人の命の大切さを教誨師は説くんですが、死刑されるくらい他者の命を踏みにじるってなんだろう?考えさせられます。。

 

カメラを止めるな!

問題作ってやつですかね…後味すっきりの楽しい映画でした。アイドルの若い女の子のいろいろな面が見られて楽しかったし、なんか、この映画をきっかけに出演した方たちが売れたらいいな~なんて思うような中身でした。

 

ポケットモンスター みんなの物語

絵がほんと~~~~に進歩しましたね(?)小学生のころから見ているポケモンをまだこんなふうに見られるなんて感慨深い。。細かいことは(忘れたので)書きませんが、長距離走なのにスタートダッシュクラウチングスタートだな…と思いました。イーブイ可愛い。ミュウツーの逆襲EVOLUTIONも絶対見に行きたい。

 

ラプラスの魔女

これは、見目麗しい男女を眺めまわすための映画でした()志田未来ちゃんもお若いはずなんですが演技の引き出しが多いんだなあと。若手女優ではなくベテラン女優だなと思いました。超能力的な力を持った男女を巡るお話なんですが、最後結局アクション映画的な大騒ぎになって「何事だよ…」感が否めなかった… 楽しめましたが、まあ、出演者の見た目の力かなあなんて気もしました。

 

娼年

これ絶対家族とか恋人とかこれから付き合いたいなって人とのデートで見に行ったらだめですよ。そこまで迂闊な人はさすがにいないと思うけど。。とりあえず私が見に行った回では劇場には女性客しかいませんでした。松坂桃李が好きなら「エロ同人誌か?」という勢いで楽しめると思います。(品が無くてすみません)序盤の厭世的な雰囲気から、だんだんと仕事に信念を見出したというのか、妙に納得させられてしまったり思いっきり笑わせにきてるだろ的なシーンもあり、また見たいなあとか続編あったら面白いのに~といういい映画でした。

 

あとは、

コードギアス

ゴジラ(アニメ)

ピーターラビット

IT

らへんも見たんですが、いかんせん時間がたちすぎて、、、

また気が向いたら書きます。

2018年振り返りつつちゃんとブログかくぞ~✍

月記といふもの

日記を毎日続けたいし文章を書くのも好きなのに続かない。。

こんにちは。

 

ツイッターやインスタグラムで放出しちゃうのと、昨今は特定の恐れがあるのがブレーキになるよね~~

そして、口調が安定しない…

というわけで、日常的な内容の更新としては月1を目指してその月のまとめ、あとは気になる話題があったら取り上げてみるとかそういう目標でいこうと思います。

特定を恐れてブログのキャプションも変えてみました(今更感)

8月の振り返り。

 

1週間おきに2回演奏会に出る

これは地味に大変だった。でも楽しさのほうが上回っていたので苦じゃなかった。

むしろ本番はやっちまえばなんでもアリ(と私の中ではそうなっている)なので、どちらかというとこのための練習のほうがキツかった…!!!

合奏行けばいやおうなしに弾かされるので、家での練習をさぼろうが回数こなすので、なんか指回るようになったな~と

真面目にやってる人に怒られそう… いや私も真面目にやっているよ。

でも手の抜きどころって必要だなとは思っている。

来年はまさかのもう1つ出るものが増える予定なので、今年よりも計画的にいきたいと心に誓いました。

夏はもっと遊びたい ←結論

 

ブルフェスに行く

チケ運皆無野郎なのでお友達が恵んでくださいました…

詳しくは書きませんが超よかった。

イベントストーリーのを朗読してくれてうれしかった~~

個人的に、A3!観劇は小さいお人形がちょこちょこして台詞が噴出しで出る形式なので、いまいち話に入れない感じがあったんですが、朗読でようやく腑に落ちた感じがありました。

声優ってすごいなー…

 

ポケモン映画を見る

画面(?)から赤外線的なのが出てポケモンもらえるやつ、一生懸命受け取ってたなあ!!!と思いながらスルーしました… ポケモン全然進めてないな。。

好きなんですけどね。なんか、ちゃんとやりたいと思うと片手間にできなくて…

あまり涙もろい方じゃないけど普通に楽しめました。

サトシが単独で旅をしてることと、ピカチュウ以外のポケモンは持ってないのかが気になった。

あとしらけるの承知でツッコむと

長距離走ってクラウチングスタートしないよね…?するの?

サトシのとくぼうヤベエ!!!!!!

以上の2点です。

 

esネイルに行ってみた

待合からあゆが贈った花かごみたいなのがあってすごかった。

仕事は超早い。スタッフ超多い。みんなギャル系美女。

お会計のとき「領収書いかがいたしますか」と言われ、もちろん私はそんなもの必要ないのですが、事務所所属のモデルみたいじゃん✨✨と一瞬浮かれました。

 

こんな感じの8月でした。

立て続けの台風や地震怖い。9月の運命やいかに、。。

「嫌われておいでよ」

グイッとやったって何回言うんだよwwwもうわかったよwwww

 

という感覚だと思うんですけど(秋田県の話)

 

正直な人なんだろうな~とか「記憶にない」とか言ってるような人よりは好感度高いとかまあたしかにそれはそうだなと…

でもあれだね。仕事人としては大したことないなってなっちゃうってこういうことなんだな~と。。

「なんか警報出てるけど、別に大丈夫でしょ。約束しちゃったしゴルフ行こー」

「やばwwなんか雨すごいらしいwwwでも飲んだから運転できないし今から行っても暗くて事故るかもwwwwwとりあえず寝よwww」

とか、全然わかる。

飲酒運転したり、土砂崩れ置き始めてるなか車で無理やり戻って死にましたとかなったらバカだのなんだの叩かれただろうとは思う。

超わかる。ていうか10人中8人くらいは実際そうしてしまうと思う。

人としては間違ってないけど、こういうことしてるうちは、こんな人についていきたいとか頼れるとかすごいとか、そういう人には絶対になれない。

えっその状況で仕事行ったの?ありえない、普通やらない。ほんとすごい!とか、そこまでやるんだ。。自分もやれとか言われたら辞表出すかも…とか、そういうレベル感の人でようやく評価されるし、スペシャリストと言われるんだろうなと…

世間から求められてるレベルって本当に高いし、みんな知識がついてきて地道に頑張ってやったことだって目新しいことじゃなけりゃ「え、そういうもんでしょ?」でだいたい終わる感じなので、、

ワイドショーで「人としては理解できる」とか「一度一緒に飲んでみたい」とか、雰囲気よくなるコメントしやすいトピックスなんだなとは思うんですけど、なんかいい歳して、要職についてる大の男がそんな…なんかイラッとする話だなって思いました(作文)

冗談も休み休み言わないとね。。

 

最近新しい仕事に挑戦したいなと思っています←自分にいいきかせる

「敗北と偏執」

お久しぶりの投稿ですね。。

ここでは私が何者なのか誰にも発覚してないという前提で好きに書こうと思ってるわけですが、まあ、要は炎上しかねないことを書くよっていう話なんですが、

なんというか、

昨夜ショッキングなことがあって→一晩中寝られず→自主休業

やらかしてみました\(^o^)/

自主休業ですからね。自主休講ではない。業ですから。業が深い。

恋愛関係のショッキングなことだったんですが、自分がまさかそういうことで日常生活に支障が出るようなお豆腐メンタルだったとは今日の今日まで知りませんでした。

明日からまじめに働くぞ☆(明後日はお休み)

 

最近のことを書いてみましょうか…

以前のエントリーで言っていた読む本を迷っていたお話し。

 

デミアン / ヘルマン・ヘッセ を読んでいるよ

デミアン (新潮文庫)

 

こちらを結局読むことにしまして。

霊応ゲームでパブリックスクールの少年たちが素晴らしかったので、「ヨーロッパの少年たちが悩んだりこじらせたりする話が読みたい」という不純な動機で読み始めるには少々難解でしたというか難解です……アホですみません…

途中で飽きたりしてまだ何十ページか残っているという。

これまでの部分で感想を述べるとしたらシンクレールとデミアンが再会したときには<●><●>というテンションに。序盤のころのデミアンとの絡みは、いろんな意味でう~んという感じだったんですが、ピストーリウスとか寮長?とか廃屋で抱き着いてきた男の子らとの絡み、途中ちょっとグレたおかげで、再会後の二人の絡みはなかなか胸が熱くなるものが………

名作に対して俗っぽくてすみません(土下座)

 

残穢 を見ました

残穢 (新潮文庫)

 

ミステリー?サスペンス?ホラー?という感じではあったんですが、劇場霊でぐぬぬ感を味わった私には飲み込みやすいお話しでした。本未読で映画見たので、本買わなきゃ(使命感)ということで即座に手に入れたので、デミアン読み終わったら読みます。映画は、吉兼家の狂っちゃった子が床下で何か口を動かして何か言ってるような様子が一番興味深くかつ闇が深いなぁと思いました。あとは無駄に驚かせたりしない品のあるホラーだな~と……。ただ、最後のシーンでありがちすぎる悪霊に物理的に襲われるっていうのが入ったのが個人的には惜しかった(何様)

この映画の結論(?)として「人があふれかえってる地球上で曰くつきでない土地なんてもうどこにもないからあきらめて共存しよう」みたいな諦観チックなものに映像の不気味さをプラスしたものをお届けしてくれるのかな~と思ったので、、というのも、あの地鎮祭とか「引っ越して今は平和にやってます!」のはずが床から赤ちゃんの顔がぽこぽこしてたり、子供が首つり自殺の幽霊をじっと見つめてたり、「解決してないじゃんwwwでも平気そうだからいいかww」って明るくかつちょっと後味悪く終わるのもある意味痛快じゃん!なんて自分の中でまとめてたわけです。だから何も悪霊に襲われるシーンとか別になくてよかったよ!と。

あれかな。炭鉱火災の怨念の強さを描きたかったのかな。お坊さんが曰くつきの顔が変わる絵をほんとは隠し持ってて最後謎の儀式をしていたし。あ、この絵のシーンは怖くてよかったと思います。

 

そんなところかな~。

最後に、今年の目標は、自分は自分のまま、社会人力を上げるです。

大学卒業するときとかに思ってしまいがちな、「個性豊かな()僕たちもいつかはありふれた大人になって良くも悪くも社会に溶け込んでしまう」っていうのは杞憂だと言いたい。

社会人力ってのは、社会に接するようになったら新たに追加される新パラメータみたいなもので、そこの項目のポイントを稼ぐような作業が社会人生活には用意されてるわけですね。だから、社会人力を鍛えてもほかのパラメータが変に影響を受けることはないわけです、と、私は思う……